荷下夫の一息 (Porter's Swift Half)

ビールの面白さの1つは、四季それぞれにぴったり合うビールがあるということではないでしょうか。暑い京都の夏には軽めでジューシーさやホップ感のあるビールが乾いた喉を美味しく潤すのに最高で、寒い冬にはインペリアルスタウトやコーヒースタウトなどがまさにうってつけではないでしょうか。秋はというと、モルト感のあるビールがおいしく、秋から冬へと移り変わる数カ月は秋と冬に飲みたくなるビールの間をとったような要素のビールがピッタリなのではないでしょうか。

今回のビールはまさにそういった頭に浮かぶ想いに応えるものとなりました。イギリス産のクリスタル麦芽が全体をしっかりかつ濃厚な甘みで支え、それにチョコレート麦芽とロースト大麦が合わさってミルクチョコレートのような特徴も感じられます。また、酵母が甘い蜂蜜のような、かつフルーティーな風味を生んだことで、各原材料が絶妙に調和し合っています。冷え込みが増してゆく秋、そしてその後訪れる冬といった移り行くこれからの時期にまさにふさわしいビールといえるでしょう。

名前の由来:「ポーター」18世紀のロンドンで船荷の積み下ろしをする労働者の間で大流行したことからポーター(荷運び屋)という名前で愛されたビールのスタイル。 一日の労働を終えた後にさっと手早く楽しむに適したポーターのスムースでありながらしっかりとしたその飲み口は、瞬く間にファンを増やし、時の大統領ジョージ・ワシントンの心までわしづかみにしたと言われています。 かつての荷下夫がそうしたように、「お疲れさま」の一言と共に、自分へのご褒美として「荷下夫の一息」を1杯いかがでしょうか。

スタイル:ロバスト・ポーター

モルト:
Maris Otter, Munich, Crystal Medium, DRC, Carafa 2, Roasted Barley

ホップ:
ビタリング - Millennium
味・アロマ - Willamette, Centennial

酵母: American Ale

ABV: 6.0%

IBU: 34

ガスボリューム (炭酸ガス含有量): 2.3


コレクション: 旧商品

プロダクトタイプ: Beer


関連する商品