古道をゆく 先達 瓶 2023 (Pilgrims Respite - Sendatsu Bottle)

¥1,750
数量:
2 個が在庫中

2024年4月に熟成具合をチェックしました。(充填から約11カ月目)

  • 熟成が進み、モルトの風味と甘味が少し増した印象。
  • グラスからは青りんごが華やかに香り、蜂蜜や赤リンゴ・白ブドウのような甘みが感じられる。
  • 白ワイン(シャルドネ)のようなニュアンスがあり、瓶内二次発酵らしい細かい豊かなガス感や泡も感じられるため、シャンパンのように楽しむことができる

今私たちが出しうる力とあの先駆者への敬愛を込めたクラシックなセゾン

【味わいの特徴】
酵母がもたらす果実や香辛料のような魅力的な味わいと自然発泡のきめ細かい泡を楽しめるクラシックなセゾンです。
【相性の良い食事】
なす田楽、鱧の柳川風、薬味野菜たっぷりの豚しゃぶサラダ
【名前の由来】
私たちがセゾンを造るきっかけとなった本場ベルギーにあるデュポン醸造所の瓶内二次発酵を施した本格セゾン。初めて口にした時の衝撃と味わい深さの鮮烈な印象は今でも薄れることはありません。それから時を経て、今私たちが出しうる力(技)と色褪せることのない先達への敬愛を込めてクラシックなセゾンを造りました。
【醸造家の声】
伝統的な製法で作られたクラシックセゾンは、京都醸造が始まるきっかけを与えてくれたビールです。原材料は至ってシンプルなのにもかかわらず、セゾン酵母が作り出す味わい深さや複雑さ、そして極めてドライな口当たりが特徴。飽きさせないほどに多彩な味の種類にゴクゴク飲みたくなるドリンカブルなところも併せ持った稀有なスタイルで、初めて口にした日から今日まで私たちを魅了して止みません。

今回の「古道をゆく 先達」は、とてもシンプルに3種類の麦芽を使って設計しました。ピルスナー麦芽がベースになり、麦芽のおきまりの美味しさを演出しています。そこに、小麦を加えることで、きめが細かく持ちの良い泡が作られ、ヴィエナ麦芽で落ち着いた品のある甘みを残す仕上がりを狙いました。

ホップは、セゾン酵母独特の個性との調和を考え、土っぽさやハーブを感じさせる香りを持つ欧州の伝統的な品種からセレクトしました。さらに、比較的高温で発酵させることで、酵母が発する熟れた果実香やスパイシーな香りが最大限に引き出され、セゾンらしい味わいがもたらされました。

本当に美味しい完璧なセゾンを求める私たちの旅はこれからも終わることはないのですが、今回のクラシックセゾンを造って、改めてセゾンの素晴らしさを実感し、よりいっそうセゾン熱を高めることになりました。
スタイル
セゾン
シリーズ
古道をゆく
ABV
6.0%
IBU
21
ガスボリューム
3
モルト
Pilsner, Vienna, Wheat
ホップ
Syrian Goldings Bobek, Polaris, Hallertau Hersbruker
酵母
Saison
品目
ビール
JAN
Bottle:4589718741130
賞味期限
2025/05/26