南半球の朝日 (Sunrise Down Under)

ホップをふんだんにつかったペールエールである『気まぐれ』シリーズ。それぞれの季節にリリースしておりますが、京都醸造ではIPAはめったに造っていません。夏を控えて仕込みに忙しいながらその合間を見つけて、今回は新しく手に入ったニュージーランド産のホップに注目したIPAを仕込むことにしました。これは、最近フルーティかつハーブ感のあるホップで注目を集めているオーストラリア産とニュージーランド産のホップに着目して、つい先日にリリースをした『南半球の夕日』というホッピーウィートと同じ発想です。今回のIPAではWakatuとMotuekaをメインにし、アメリカ産のMosaicをバックグラウンドに控えさせる設計としました。その結果出来上がったビールは、パイナップル、ハーブ、パッションフルーツを思わせるユニークな味わいと香りを楽しんでいただけるビールになりました。

これから暑くなってくる季節に、フルーツ感のあるこのIPAをぜひどうぞ!!

名前の由来:このビールも南半球産のホップを知ってもらうという前回のテーマを踏襲したものです。前回のホッピーウィート『南半球の夕日』はオーストラリア産のホップを使っていましたが、今回はニュージーランド産のホップを使いました。オーストラリアより東に位置するニュージーランド、当然日の出も早いことから今回のビールは『南半球の朝日』となっています。

スタイル: アメリカンIPA

モルト:
Pilsner, Vienna

ホップ:
ビタリング - Millennium
味・アロマ - Mosaic, Wakatu, Motueka

酵母: American Ale II

ABV: 6.5%

IBU: 40

ガスボリューム (炭酸ガス含有量): 2.4


コレクション: 旧商品

プロダクトタイプ: Beer


関連する商品