野神の到来 (Coming of the Harvest God)

様々な原材料の組み合わせの中で試行錯誤をしていくことこそクラフトビールづくりの核心といえ、最近の季節限定シリーズや限定醸造においてもとても特徴的な性質をもつ酵母を使いその核心を追求してきました。この酵母を特徴づける性質は、通常のエール酵母の発酵適温といわれる19-22℃のだいぶ上をいく高温条件での発酵を好むことであり、アプリコットや蜂蜜のようなはっきりとした特徴を感じさせます。

今回のビールではこの酵母の特徴からインスピレーションを得て、ほとんどのレシピにおいて使用しているピルスナーモルトに加えて、少量のVienna麦芽を使用したことで発酵によって生まれる甘い特徴を際立たせております。ホップにおいては、酵母が生むマンゴーやアプリコットのような風味を活かすべく、人気のフルーティーな品種を合わせました。Galaxyが強烈な甘い柑橘系の味わいや香りを与える一方で、味わいに深みを出すべくChinookも一部に加えています。そして、私たちが初めて使う ”Azacca” ホップがまさにパイナップルと一言で言い表せるほど特徴的なニュアンスをもっており、甘い香りや味わいを一層引き立てています。まさにある一種のトロピカルフルーツでホップの特徴を形容できることは何とも不思議な気がしますが、それほどユニークな特徴をもったホップと言えます。酵母の特徴を他の要素が引き立てあった今回のビールをぜひお楽しみください!

名前の由来: 今回わたしたちが初めて使ったホップのAzacca(アザッカ)はハイチの農耕の神の名前を由来としています。この神様は、日本の東北地方では農神(のうがみ)、中部関東では作神(さくがみ)、近畿では野神(のがみ)と呼ばれることが多く各地で祀られているそうです。

カリブ海から遠く離れた京都の田んぼも黄金に色づき、豊穣をもたらす野神に感謝し収穫を祝う季節が到来しました。実り多き人生に、乾杯!

スタイル: アメリカンIPA

?

モルト:
Pilsner, Vienna

ホップ:
ビタリング - Merkur
味・アロマ - Chinook, Galaxy, Azacca

酵母: American Ale

ABV: 7.0%

IBU: 38

ガスボリューム (炭酸ガス含有量): 2.4


コレクション: 旧商品

プロダクトタイプ: Beer


関連する商品