夏の気まぐれ 2018 (Natsu no Kimagure 2018)

今年の“夏の気まぐれ”の方向性を考えるにあたっては特定の1種のホップをふんだんに盛り込んだビールにしようと思い、その特徴をしっかりと引き出しながらもこの季節にあうビールとなるようレシピ設計をしました。最近、新しい種類のホップをいくつか入手しましたが、その中で最も心惹かれた品種“Idaho 7”を試すにはセッションIPAが一番であるように感じました。

このホップがこの世界に登場するようになってまだ日が浅いため情報も決して多くありません。ですが見つけた数少ない情報の中で、オレンジやグレープフルーツの皮、トロピカルフルーツの中にほのかに松や紅茶のような風味を感じられるという説明文に目が留まりました。そして今回、私たちのお気に入りホップの1つであり松や樹脂、ベリー系のフルーツといった独特な特徴をもったSimcoeがこの新しいホップを後ろから支えています。

ホップ感が過度になりすぎぬよう前回の“冬の気まぐれ”で学んだモルトのトリックを施すべく、しっかりとしながらもやさしい口当たりとなるように大量の小麦やオーツを使用しました。アルコール度数たった4%の今回のビールは、ホップの味わいや香り、苦み、そして、モルトの味わいといったセッションIPAで皆さんが望むであろう全ての要素がうまく組み合わさったものに仕上がりました!

スタイル: セッションIPA

モルト:
Pilsner, Wheat, Oat

ホップ:
ビタリング - Columbus
味・アロマ - Belma, Simcoe, Idaho 7

酵母: American Ale

ABV: 4.0%

IBU: 25

ガスボリューム (炭酸ガス含有量): 2.5


コレクション: 旧商品

プロダクトタイプ: Beer


関連する商品